ホーム » 失業した時の注意点

失業した時の注意点

以前は、派遣社員として働いている時、契約終了を言い渡されたら、1ヶ月待機した後でないと、「失業手当」が貰えない等、派遣社員として働くと、正社員で働く場合と違い、失業時の不安がかなり大きなものになっていたと思いますが、最近は、「リーマンショック」の影響等で、「雇い止め」(今迄問題無く更新されて来たが、突然、前触れ無く契約終了を言い渡される事)にあう派遣社員が多く、その「雇い止め」にあった派遣社員の為に、失業手当の給付が手厚くなる制度が出来たり、アルバイトも、短時間なら、申告をすれば、働いてもOKになりましたが、詳しい失業手当の制度は、失業手当を受給した事が有る方でないと、細かい内容は知らない場合が多いので、失業手当を正しく貰う事が出来なかったり、「失業手当はすぐには貰えないから」と勘違いして、しぶしぶ短期間の仕事を探して、また失業して・・・と、負のスパイラルに陥ってしまう方もいらっしゃる様です。周りの、失業手当を受給した事が有る方に、是非、相談される事をオススメします。

それから、すぐ働かず、「職業訓練」を受けながら仕事探しをしようと思ってらっしゃる方も多い様ですが、最近は、「基金訓練」という訓練制度が有り、雇用保険を受給できない離職者が、10万円程貰いながら数ヶ月勉強をする制度が有るので、失業された方は、こちらも詳しく調べられた方が良いと思います。スキルアップをしようと思ってらっしゃる方にも都合が良いですし、何も給付金を貰えないまま、必死で仕事を探すより、余裕を持って仕事を探す事が出来ます。ただ、素晴らしい制度なのですが、気を付けないといけないのが、「基金訓練」は、誰でも受講出来る訳じゃなく、申し込んだ後、適性等を考慮されて、抽選で受講者が決まるので、受講出来るのをあてにして仕事を探してなかった・・・という事が無い様にされた方が良いと思います。それから、最近、「求職者支援制度」という、新しい制度が出来たそうです。こちらについても、失業者の方は、色々調べられた上で、検討された方が良いと思います。

英会話を上達させるならイーオン

アイセイ薬局
http://www.aisei.co.jp/business/mall_02.html